通勤している人達

オフィス街などでも、よくみかけるようになった、ロードバイク通勤の人々。
何だかシューっと通り抜けていく風のようで、見ていてすがすがしいかんじがします。
ロードバイクで通勤している人々というのは、勿論 「自転車が好き」、という方や、不況なので交通費節約、または自転車通勤で運動部不足解消、はたまた、通勤時間を利用して運動をしている、という方々に大分されると思います。
元々ロードバイクはロードレースようの自転車で、綺麗に舗装されたコースのようなところをシューっと走り抜けるための自転車です。
それゆえに、ベルや、カゴ、泥除け、スタンドといった余計な物はついていません。
片手でひょいっと持ち上げられる位軽量で、細見なのが特徴です。
最近はさらにこの自転車の重さを軽量化するようになってきているので、見た目よりも軽くて、びっくりしますが、こんなに軽いので、女性の方でも楽ちんに操作でき、人気がでています。
この秋のシーズン、ロードバイクにのって、ちょっと遠出してみるのも、体にもいいし、心にもいい運動になるかもしれませんね。

コンポーネント。

ロードバイクの特徴はコンポーネントのおもしろさにあります。
実際にロードバイクを選ぶ時に気になることはフレームですが、それ以上に大事なことはコンポーネントです。
このコンポーネントを選ぶことが自転車の妙味で、考えるだけでワクワクします。
実際にフレームの性能も大事ですが、コンポーネントを工夫することで乗り味が大きく変わります。
コンポーネントを提供している会社は主に2社がシュアを分け合っていると言ってよいでしょう。
シマノとカンパニョーロですがまずは変速機でその違いを見てみましょう。
バイクのフレームでのそうですが重量の比較が一番わかり易いので、それぞれのメーカーで一番グレードの高いもので比較するとカンパニョーロのほうが軽いのですが値段が高い。
こんな感じでいろいろ組み合わせて作っていく事は、男心をくすぐってくれます。
ただし実際には、自転車は乗り手の実力が多きく左右するので、これを取り換えたところでレースで好成績を収められるわけではありません。
しかい、自分と向き合うロードレーサーだからこそ自分自身の納得のいくバイクに乗りたいものです。
是非、コンポーネントを楽しみましょう。