タイプ別の分類方法

ロードバイクとは、舗装路を走行する為の自転車の総称です。
元々はロードレーシング用に開発された自転車の為、とても軽量で、驚く程軽い力でスイスイと街中を走る事ができます。
近年では街中で、ロードバイクを使用して通勤をしている方も増えている様です。
通勤をしている際に、渋滞等につかまって自動車の中でイライラしているその横を、ツバメの様に走り抜けて行くロードバイクを見ると、羨望の念を覚えてしまいます。
ところで、このロードバイクですが、いくつかのタイプに分かれる事はご存じでしょうか。
まず一般的なロードレーサーと呼ばれるタイプです。
元々はレーシングの為に開発された為に、とにかく高性能です。
コストに糸目を付けずに軽量化を行い、1gを軽くする為に新素材を使用しているモデルもあります。
そして、ツーリングタイプです。
ボディの軽量化よりも、積載量を重視したタイプです。
長期休暇の季節に、国道の横を荷物を満載して走っている事を見かける事もあります。
通勤や通学では、こちらの方が便利だと思います。
最後にレース競技に使用されるトライアスロン用やシクロクロス用のロードバイクです。
どのタイプが優れていると言う事はありませんので、自分の用途に合わせたロードバイクをしっかりと選びたい物です。

お値段

スポーツ自転車の決定版といういますのが、ロードバイクです。
最近では、非常に街中で見やすい存在になってきました。
多くの場所で見かけるほどの存在になってきているのです。
そういった事から、ロードバイクは身近な存在になってきているといえます。
そのロードバイクですが、身近な存在に感じつつもお値段的には厳しいと思っている方も多いです。
たしかに、ロードバイクは本格的なものですと50万円や60万円というものもあります。
バイクを購入するのと大差ないような価格である場合も多いのです。
有名なメーカになりますと、そのくらいのお値段は特に珍しいものでもありません。
しかし、ロードバイクが高いものがあるといいましても、すべてが高いわけではありません。
一部、かなり手の出しやすい価格になっているものもあります。
その手の出しやすい価格なのですが、ロードバイクでも数万円のものもあるというものになっています。
その程度のお値段でしたら購入できる方も多いでしょう。
まずは数万円の安価なロードバイクを体験しまして、のちに本格的なロードバイクに乗るのがお勧めです。