基礎知識

ロードバイクは舗装路を速く走るために特化した自転車です。
車重は10kgを切るものも珍しくなく、回転系のパーツは抵抗が少ないような精度の高いものが使われています。
材質はアルミやカーボン素材が主流です。
一昔まえはクロムモリブデン鋼が多く使われていましたが、他と比較して重くなるため今はあまり使われなくなりました。
ロードバイクの外見で一番の特徴といえば、ドロップハンドルでしょう。
体を起こして休んだり、ハンドルの下の方を握って空気抵抗を減らしたりといろいろなポジションがとれるようになっています。
高速走行のためにタイヤが細く、空気圧もかなり高いためシティサイクルなどと比べてパンクがしやすくなっています。
輪行やメンテするのに便利なように、たいていのロードバイクはクイックリリースといって工具なしに簡単に外れるようになっています。
そのため、ホイールなどの部品だけ盗まれることもあります。
ホイールは回転するため軽量化などの効果が高い重要部品で、高いものでは10万円を超えたりします。
ロードバイクは軽いためシティサイクルのような鍵ではあっさり盗まれてしまいます。
ワイヤー錠を導入したり、なるべく見える場所に駐輪するなど、防犯には十分注意しましょう。

始める予算

最近の自転車ブームで、ロードバイクを始めたいという人も増えてきました。
どのくらいお金があればいいのか、簡単に計算してみましょう。
まず、ロードバイク本体が必要です。
有名メーカーの入門用ロードバイクは定価でいうと8~10万円といったところです。
在庫処分品などで、サイズやデザインが気に入ったのがあれば5~6万円で手に入れることができます。
次にヘルメットが必要です。
シティサイクルと違い車道を走り、下りでは自動車並の速度で走ることもありますからヘルメットは必須です。
安いものは2~3千円くらいであるでしょう。
空気入れも必要です。
シティサイクルと違い、ロードバイクには米式バルブや仏式バルブと呼ばれるものが使われています。
虫ゴムを使わない形式で、空気圧を計りながら空気を入れることができるものです。
3千円くらいでしょうか。
空気入れは携行できる大きさのものがいいです。
出先でパンクした場合、予備のタイヤチューブに付け替えて空気を入れるのに必要だからです。
ロードバイクはタイヤが細いのもあってパンクしやすい乗り物なので、遠出するならこういった装備は必須です。
あとはライト、ワイヤーロックあたりを購入しておけばとりあえず最低限の装備はととのうでしょう。
二つあわせて3千円もあれば買えると思います。
ウェアのたぐいは走り始めてから少しづつ揃えてもいいと思います。
サイクルコンピューターはあると楽しいです。
速度や累計距離がわかるだけですが、それだけでずいぶんと励みになります。
安いものなら2千円以下であります。
あれやこれやで最低限7~8万あれば、ロードバイクを始められるでしょう。