高級チョコレート

高級チョコレート店が出回り始めたのはいったいいつの頃だろうか。
少なくとも私が上京したての頃はそんなになかったように思う。
高級チョコレートの代名詞ともいえる「ゴディバ」くらいは都内のデパートに店舗はあったように思う。一粒のチョコレートが200円とか300円するから、お土産等特別な時に買うくらいだ。
ところが今や、ゴディバのみならず、高級チョコレート菓子店はあちらこちらにあって、行列を作っている。おいしいかどうかは食べてみないとわからないけれど、なかなか口にすることができないからその是非はわからない。
それにゴディバのチョコレートは海外出張のお土産でもらうことが多い。その状況に慣れてしまった今は、「まだゴディバか」とありがたさも何も感じないようになってしまう。
もちろん食べたらおいしい。コンビニエンスストアで買える100円とかのミルクチョコレートと違って、舌の上での溶け具合とかなめらかさ、甘さ等、高級チョコレートと言われる所以がわかるくらいだ。
けれど、高いお金を出してまで、そのチョコレートが食べたいかと言われるとそうでもない。安いチョコレートで充分なのだ。
ゴディバのチョコレートに限ってはだまっていても1年に数回は口に入る機会があるから、自分で購入する意識はない。
会社周辺やデパ地下にも、欧州のどこかの王室御用達と言われるチョコレート店とかあるけれど、食べてみたらきっと高級チョコレートと言われるカテゴリーに入るだけで、ずば抜けておいしいとか、感動があるとかはないと思っている。
もらえば嬉しいし、食べたらおいしいだろうけれど、コストパフォーマンスを考えれば目の色を変えて飛びつくまでのものでもない気がする。
高級チョコレートも会社でもらって会社のディスクで食べるからあまりおいしくないのかもしれないと思うこともある。
自分へのたまにもご褒美として一粒二粒、おいしいコーヒーと共に食べたら、気分も贅沢に思えていいのかもしれない。