チョコレート

チョコレートが大好きだ。
どれくらい好きかというと、一番好きなものを断って願掛けをするときにチョコレート断ちするくらいチョコレートが好きだ。
小さい頃はチョコレートを食べ過ぎると鼻血が出たり、子供にはあの甘さは刺激が強すぎるからといことで、あまり食べさせられなかった。
バレンタインデーの日に母は子供には少々大きすぎるアーモンドが丸ごと入ったチョコレートバーを毎年買ってくれた。そのとき一気にそのチョコレートバーを食べてしまいたかったけれど、一回にひとかけらか二かけらまでと言われて、残念だった記憶がある。
よく子供の他愛ない夢で大きくなったらロールケーキ1本丸かじりしたいだとか、聞くけれど私の場合はチョコレートバーを丸かじりだろうか。
子供の頃はカロリー計算なんてしないし、自分の健康には無頓着だから純粋な欲望であるのだけれど、そのチョコレートバーは今見かけないけれど当時の記憶ではかなりボリュームがあるものだったと思う。さらにアーモンドがごろごろ入っていたから、当時カロリー表示があったなら相当だったに違いない。
ケーキも当然ショートケーキよりチョコレートケーキが好きだし、クッキーもココア味が好きだし、アイスクリームは当然チョコレート味だ。そして菓子パンはチョコレートクリームが入っているものが好きだし、チョコがごろごろ入っているパンやスコーンは大歓迎だ。
そのままのチョコレートも大好きだけれども、ポッキーやキットカット、小枝、たけのこの里等昔からある、チョコレート菓子も大好きだ。
時々ストレスがたまって甘い物を食べたくなると、一箱ぺろりと食べてしまう。チョコレートは油分が多いから食べ過ぎると吹き出物が出てしまい、後から後悔することもあるけれど、食べるとやっぱりおいしいと思う。
東京にいると高価なチョコレートでも、なんでも買えるけれど、高くても安くてもチョコレートはおいしい。