チョコレート菓子

普通にチョコレート菓子はいろいろあるけれど、私が今まで食べた意外な組み合わせのチョコレート菓子は、柿の種とチョコレートの組み合わせだろうか。
しょっぱいものと甘いもののコラボレーションは、後を引くおいしさだ。
似たようなものでポテトチップスにチョコレートがかかっているものがある。おいしいのであるが、油であげたポテト菓子はただでさえハイカロリーで、そこにチョコレートがかかっているなんて、最強のデブまっしぐらの一品である。
でもこういったいかにも油をたくさん使ってカロリーが高いお菓子はおいしいと相場が決まっている。その典型はドーナツだと思う。
普段は怖くてあまりドーナツなど食べないけれど、たまにドーナツを見ると無性に食べたくなる。しかもオーソドックスなプレーンではなくチョコレートがかかっていたり、ココア生地だったりするのが好きだ。
コンビニでもよくチョコレートドーナツが売っていて、たまに食べたくなって買ったりするのだが、油っぽいだけであまりおいしくないことが多い。
以前初めて食べた柿の種をチョコレートでコーティングしたお菓子は絶品だった。
今はコンビニにでも小さい袋に入って売られているけれど、私が食べた頃はそんなに出回っていなかったように思う。
現に私が食べていたのは、どこかのホテルの贈答用のお菓子で、おそらくコーティングされているチョコレートも少し質のいいものであったと思う。
電話番のアルバイトをしているときに、おやつとしてもらったのであるが、電話はなかなかかかってこず、他にすることもないからそのお菓子をつまんでいたけれど、とてもおいしいから、食べるのが止められなかった思い出がある。
動かないで食べるので、当時はぽっちゃりしていた私である。
とにかくそのコンビネーションに感動したけれど、今ではその意外さも普通になってしまった感がある。
次はどんな意外性のあるチョコレート菓子が出てくるのだろう。