おやつの話

デスクワークをしていると、朝のお茶タイムとか、3時のおやつタイムをとりたくなる。
基本座り仕事であるから手持ちぶさたなことも多いし、じっとしているのも飽きるのでおやつを買いにぶらりと出かける。
その日によって、食べたいおやつが違うけれど、満足感が得られるのはチョコレートだ。チョコレートそのものでもいいし、チョコレート菓子でもいい。
コーヒーを一杯飲みながら、束の間の休憩を取ると何故かホッとする。
一時期チョコレートも食べ過ぎの時期もあり、食べるときは120円のチョコレートを一箱一気に食べていた。カロリーはおおよそ200kcalくらい。おやつの食べ過ぎという程ではないけれど、それを毎日摂取していたことがあって、それはやはり食べ過ぎと思う。
チョコレート菓子は基本カロリーが高い。最近は50円以下で、おいしいチョコレート菓子が買える。値段は安いけれどもカロリーは決して低くない。
けれどその安さで充分満足感が得られるから、ありがたいものである。
砂糖の高騰やカカオ豆の高騰やらで、一時期チョコレートも値上げになった。甘いお菓子だけではなく、スナック菓子も値上がりした。値段据え置きでも、容量がかなり減ったと思う。
普段あまり買わないけれど、ポテトチップスとかたまに食べたくなって買うとその容量の少なさにビックリするほどである。
チョコレートも少量パックが売られていて食べきりサイズで手頃だけれども、容量単価を考えると損している気分になる。
近頃の新製品はミニサイズと称していろいろなお菓子を売り出すけれど、軒並みあっという間に食べてしまえる量しか入ってなくてがっかりする。
それでもおやつの時間と思っておやつを買いに行ってあれやこれやと物色するのは楽しい。
この年になると新しいフレーバーのチョコレートやお菓子が発売されていても、味の想像がつくから容易には買わないけれど、それでも陳列されているお菓子群を見るのは楽しい。